一人ドライブは気分転換に最適!

ドライブが趣味な人は大勢いますが、それはひとえに手軽にストレス発散できるからに尽きます。
人によっては友人や恋人とともに運転するのが好きな場合もあるかもしれませんが、気分転換を図るためなら1人での運転がほとんどです。

そもそもストレス発散は自分が好きな事を自由にする事が基本であります。
例題としては少々ずれているものの、夕飯を調理を任された際に「自由に食材を購入していい」と言われた場合と「食材の購入は1万円以内」と言われた場合ならストレスがないのは言うまでもなく前者です。

もちろん他人を乗せても悪い事はありませんが、あれこれ口に出されたりすれば気分は良くはありません。
それにどんなに付き合いが好きな人間でも1人になりたい時はあるものです。
車内は自分だけのプライベートな空間ですから、1人であれば好きなように満喫できる魅力があります。

その魅力として挙げられる最大のポイントは目的地なしに散策できる事です。
この辺りは散歩に似ていますが、移動できる距離が長いうえに範囲が広大なところは散歩にはない特徴であります。

偶然見かけたカフェが気になって立ち寄る事もできますし、自然が豊かな山や森に向かう選択肢も可能です。
それに女性が歩くには危険である人気のないエリアも乗車していれば逃げ場所になる事もまた散歩にはない特徴と言えます。

車中泊ができるのがドライブならではの魅力

この自由度の高さはそのまま一人旅にも繋がる要因です。
例えばドライブしていたらホテルに宿泊したい気分になり、車を停めてスマートフォンやタブレットでそのまま宿泊できるホテルや街の情報を調べて手続きしても良いですが、車中泊ができるのがドライブならではの魅力であります。

もちろん車中泊できるアイテムやスペース、安全性の問題といったクリアしなくてはならない条件は数多いです。
それでも予め用意しておけばキャンプ場など車中泊が可能な場所は自然が多く、非日常な体験が出来るので絶好の気分転換になります。

それから好きな音楽を聞けるところも魅力的です。
住居や部屋の環境や防犯機能次第では音量はおろか、音楽の内容によっては気を遣わなくてはなりません。

イヤフォンやヘッドフォンを使用すれば問題ありませんが耳に悪いです。
しかし車内でかければ大音量でも文句を言われる事はまずありませんし、カラオケの練習にもうってつけとなります。

運転のテクニックも磨けて一石二鳥!

あとは運転のテクニックを磨くための有効的な時間の過ごし方にもなるところが特徴的です。
運転というテクニックは経験によって上達していくもので、それを積めば積むほどどのような道でも運転できる自信に繋げられます。

車の運転に触れた事がある人間なら覚えがありますが、たとえ何度も通った事がある平らな道でも夜という時間帯や冬の凍った状態など状況によって慎重にならざるおえません。

実際に教習所以外で練習するなら朝早くにスーパーの駐車場に赴いたり長距離運転の練習として他県への移動をしたり等手段は様々です。

とはいえ練習にしろドライブにしろ、車の維持費にはコストがかかります。
ガソリン代はもちろん、エンジンオイルやタイヤといった部品のメンテナンスに自動車税と重量税、自賠責保険料に任意保険料、そして車検費用といった支払わなくてはならないコストは多いです。

月額の維持費にしても普通自動車なら3万円から4万円、軽自動車なら2万円から3万円となります。
付け加えるなら駐車代に洗車代といった細かい代金も含めればおよそ10万円になってもおかしくはないです。

こうしたコストの軽減策としてレンタカーやカーシェアリングが推奨できます。
家族が所持している車のシェアも悪くありませんが、人によってはアロマやぬいぐるみなど趣味を車内で発揮している場合もあるため、そういった物に気分を害されたくないならレンタルーなどがおすすめです。