緊張感が凄い!24は面白い!

アメリカのドラマで人気があるのは、24です。
テロ対策ユニットに所属するジャック・バウアーを中心としたメンバーが、テロリスト集団からアメリカを守るという物語です。

魅力の一つとして、時間進行がリアルタイムで進行していくと考えて間違いありません。
1話分1時間で進行していき、コマーシャルの間も時間が進行しています。

ドラマの中で登場するデジタル時計で時間をチェックできる等徹底されており、現実におきている出来事のように感じることができます。
また、主人公であるジャック以外の登場人物に関しても、同じ時間帯でどのように過ごしているか、スプリット画面で描写されました。

画期的な手法で話題となり、視聴者の心を掴むことに成功しています。
物語の展開も楽しむことができるのも魅力の一つです。

ジャックは自動車の運転テクニックや射撃センス、コンピューター知識に優れており、爆弾解体もこなす等様々な高い能力を保持していると考えて間違いありません。

墜落した飛行機から無傷で生還する等、ジャックの活躍を楽しむことができます。
飛行機から無傷で生還する能力があるジャックですが、娘のキムには振り回され、トラブルに巻き込まれる等、父親の一面を垣間見ることもできます。

エピソードが終わる直前に予想外の事件や信じられない展開が起きる

意外な人物が裏切り者であったり黒幕であったりする為、びっくりするようなドラマ展開がおきると考えて間違いありません。
エピソードが終わる直前に、予想外の事件や信じられない展開がおき、視聴者を飽きさせない脚本の上手さが光るドラマとなっています。

また、演じている俳優達には、撮影が終わるまで次の回の台本が渡されることがありません。
どのような立場なのか俳優自身が直前までわからないように工夫されています。

演技のリアリティーさが伝わり、ドラマをより楽しむことができるのかもかもしれません。
撮影方法に工夫がみられるのも魅力の一つです。

ドラマ1話分は1時間程度の長さですが、撮影は約25時間程度行われ、1時間の番組編集されています。
リアリティーを追求するため、カメラを出演者の目線の位置に合わせて撮影するよう工夫されていたと考えて間違いありません。

アメリカの大物政治家がシーズン5のエピソード24に登場

演出も画面を分割し同時進行する等手が込んでいます。
様々な工夫により、緊迫感があるドキュメンタリーのような映像を作り上げることに成功したのかもしれません。

制作者の熱意が通じたのか、放送が始まった当初は13話まで放送が確約した状態でしたが、視聴率がよいということで、全24話までの放送となり、続編も制作されるようになりました。

アメリカの大物政治家が熱烈なファンであったため、実際にドラマ出演を果たし、シーズン5のエピソード24に登場しています。
ドラマに魅力があったからこそ、本物の議員まで虜にすることができたのではないでしょうか。

シーズン4では登場人物が携帯電話に着信を受けるシーンがありました。
実際に電話番号が通じるのか、何万人の視聴者が実際に電話をかける事態が発生したこともあります。

ジャックがトイレに行くシーンが登場しない?

影響力があるドラマであることが改めて認識され、話題となりました。
リアルタイムで進行していきますが、ファンの間でジャックがトイレに行くシーンが登場しないと話題になったため、ジャックがトイレに行くシーンが挿入されたこともあります。

また、アメリカの大学生にも人気がありましたが、ジャックの口癖であるDAMNITを発言する度にショットを飲むゲームが流行しました。
ジャック役のキーファー・サザーランドは、某エピソードで口癖を14回も発言する等、視聴者を意識したドラマ作りも魅力の一つであるのかもしれません。

24に関わるすべてのスタッフは、ドラマの内容を決して明かさないという誓約書にサインをしています。
内容を明かさないという徹底ぶりが、魅力あるドラマを作り上げることに成功したのかもしれません。