「マンガで分かる心療内科」は、ヤングキングで連載されている医療系のギャグマンガです。
多くが1回完結型で自己紹介主人公のに始まり、毎回いろいろな症例をテーマに主人公が解説を行うものの後半に理不尽なトラブルが発生し台無しになるという展開がメインです。

 

老若男女問わず人気

主人公である医師ゆうきゆうがいろいろな症例について解説はするものの、最終的には治療もされず別の方向で残念な結果になり「続きはWEBへ」のような「続きはメンタル(クリニック)へ」という流れで終了します。
この話の流れが一種の「お約束」になっていて読みやすく分かりやすい内容で、老若男女問わず人気が出ています。
2010年からヤングキングで連載され、2015年からWEBアニメとしても配信されるようになり視聴するユーザー層が増えてきました。
実際のマンガの内容は、例えば妄想癖のある人を解決する話では何をどうやってもその妄想を止められずその人に対する対応を「否定しない・前向きに受け入れる」と答えるものの、いくら努力しても妄想が止められなければ「メンタルへ!」というお決まりのセリフになるというストーリーです。

 

オリジナリティが高いという魅力と特徴を持つ

そのほかロリコンや幻聴・鬱など、本来であれば話しづらい、説明しづらいテーマにおいてもそれをギャグに転換することで受け入れやすくなっている点がオリジナリティが高いという魅力と特徴を持っています。
内容自体は医学的見地をもとに正確な説明をしていて、実際の治療方法なども解説し実際に主人公と看護師(ボケ役)が試してみてその症例は解決しますが、別の症例に発展してしまうなど真面目にみると確かに変な矛盾点をうまくついた作品と言えます。
中には症例ではなく趣味の領域「フェティシズム」だったり「夢分析」だったりと言葉自体は聞いたことがあるけれど、詳しくは理解していない内容も取り上げています。
このように言葉の説明についても感がという読みやすい媒体を通じて楽しむことができるので、良い意味で知識を得ることもできると言えるでしょう。

 

まとめ

とはいえ医師と違って診断するものでは無いため、あくまで読み物として楽しむものです。
普段だとあまり接することは無いけれど、言葉だけはニュースやメディアで聞いたことがあるものを通して具体的な内容を読みやすくかつ逆を通じて楽しく読めることができる点は、読者の心(知識や好奇心の盲点)をつかんでいます。
このシリーズは19巻まで発行され、番外編として6巻までが発売されています。