趣味を持つことで人生を豊かにすることができる

人間には、趣味を持っている人といない人がありますが趣味を持っていない人は忙しく毎日を過ごしている傾向があります。
あるいは、漠然とただ生きているだけで何の目標がない人もこのような傾向があると言えるでしょう。

まず、全く趣味を持たず漠然と毎日を過ごしているならば、そのような生活では意味がないことに気がつくべきでしょう。
何故かと言えば、ただ漠然と毎日過ごしているだけでは今日の生活をするために生きているだけになるからです。

自分が生まれた理由が、今日食べることや眠ることだけしか考えていないとすれば、これ以上虚しい事はありません。
昆虫等と同じレベルといっても過言ではないでしょう。

そこで、何らかの趣味を持つことでより生活を豊かにする方法があります。
これにより、人々とのつながりができるかもしれませんし毎日がワクワクした生活を迎える事になるでしょう。

もう一つは、忙しくてなかなか趣味を持つことができないパターンです。
このパターンは、20代の会社員や30代の会社員などにありがちなものです。
なぜそれほど忙しくなるかと言えば、それは時間の使い方に問題があるからと言えるでしょう。

時間に対する考え方を変えていく

例えば、学生時代には好きなことがあったのに、社会人になった途端仕事ばかりになってしまいいつの間にか自分の好きなことを忘れている生活が何年も続くようなことがあります。

もちろんそれも1つの生き方かもしれませんが、つまらない生き方と言えるかもしれません。
では、どのようにして楽しみを作ったら良いかと言えばまず時間に対する考え方を変えていくことです。

時間に対する観念が漠然としているためその人はうまくできていない可能性が高いです。
例えば、毎日10時間以上仕事をするならばこれを短縮するための時間術を考えなければなりません。
7つの習慣などに書いてある内容としては、人間には4つのマトリックスがあることで知られています。

マトリックスの中身を見ていくと、1つは緊急で重要な事で2つ目は緊急で重要でないことです。
残りの2つは、緊急では無いけども重要なことと緊急では無いけども重要なことになります。

おそらく忙しいと感じている多くの人は、緊急で重要なことばかりに縛られてしまっている可能性が高いです。
例えば、今すぐ顧客に対してメールをしなければならない場合や商品などをすぐに発送しなければならない場面では緊急で重要な仕事と言えるかもしれません。

多くの人はこれを中心に行いますが、実は本当に大事な事は緊急でない重要なことになります。
例えば、自分の能力を高めることがこれにあたるでしょう。

また、趣味を持つことも実はこのカテゴリーの中に入れても良いです。
なぜなら、自分の好きなことをすることで本当の自分の人生を生きることができるからです。

本当にお金を持って豊かに生活したいならば社会人になって就職をしていてはダメ

よく考えてみれば、社会人になって仕事をしている人のほとんどは自分のやりたいことをやっているのではなく組織の中でやらなければいけないことをやっているだけです。

なぜこのように考えるかと言えば、お金のためそして生活のためです。
ですが、本当にお金を持って豊かに生活したいならば社会人になって就職をしていてはダメです。

本当に大金を持つための方法はそして豊かに生活するための方法は働いてはいけないことを知っておきましょう。
お金を増やす方法は資産を持つことでそのための準備段階として働いているならば良いですが、毎日漠然と生活をするためあるいは住宅ローンを返済するために働いていたとすれば、非常につまらない人生になってしまいます。

全く目標を持たずに毎日食事と仕事だけをしている1よりはマシですが、五十歩百歩になります。
いずれも、自分自身の人生を歩んでいないことにおいては共通しているわけです。

より生き生きと生きるためには、お金にならない好きなことをして、そこから自分のやりたいことを見つけ仕事にしていくのが重要と言えるでしょう。